バイク(二輪車)・船外機等の加工・小物切削金属に関する製造・加工・試作のご相談なら浜松市の細谷精機株式会社へ。

バイク(二輪車)・船外機等の加工・小物切削金属に関する製造・加工・試作のご相談なら浜松市の細谷精機株式会社へ。

代表挨拶

単純形状・汎用性を極めた小物切削金属部品で多分野参入と社会貢献を目指す

弊社は1953年の創業以来、60年以上にも亘り、小物切削金属部品の製造、販売を行って参りました。小物切削金属部品と言ってもその種類は千差万別であり、また同業種の数も国内だけで8万社以上と言われています。海外メーカーを含めれば、どれほどの数になるのか想像できないというのが正直な所です。
ライバルが多い業種である事は容易に想像がつくのではないでしょうか?では、私ども細谷精機株式会社が、何故60年以上にも亘り存続し続ける事ができたのか?
それは「強み」に特化しているからです。
その「強み」とは以下になります。

  • 強み1 : カム式自動旋盤等、昭和時代からの古い設備の有効活用と技術継承
  • 強み2 : カラーやピン等の単純形状且つ汎用性部品が得意
  • 強み3 : 年間3万個以下の少量生産を得意とし、1,100点以上の多品種を取り扱う
  • 強み4 : ISOを取得し、管理システムが構築されている
  • 強み5 : 社長窓口による即決、スピード対応

1つ1つでは大きな「強み」にはなりません。
何故なら、1つ1つで見れば他でも行っている企業があるからです。
弊社ではこの5つの強みを複合的に絡み合わせ、大きな「強み」とする事で、お客様からの信頼と実績を得ております。

近年では、上記の強みに加え、2台の検査装置の導入、主要取引先様との品質改善活動の推進等、品質面の強化における新たな取り組みを行っております。こちらも品質不良の流出が50%以上も削減されるという大きな効果が出ております。細谷精機株式会社は、これからも強みを伸ばし、改善を積極的に進め、「古い」と「新しい」の良い所を複合させたハイブリッド企業となり、単純形状・汎用性を極めた小物切削金属部品で多分野参入と社会貢献を目指して参ります。